2011年04月24日

片づけの習慣で自分の大切なものが見えてくる

片づけをしていくと、
「何を残して、何を捨てるか」「何が必要で何が必要でないか」
の線引きが必要になります。


普通の人はこの線引きがうまく出来ず壁に突き当たるようです。

つまり、
「必要なもの」「大切なもの」「やりたいこと」
などの自分の取捨選択する基準がないということ。

基準がないというより、自分にとっての大切なものの基準を
はっきりさせていなかったといったほうが良いかもしれません。

片づけ習慣を続けていくと、自分にとっての大切なことが
はっきりしてくるので、本当にやりたかったこと、必要なテーマが
見えてくるようです。


「片づけの習慣」で人生を変えるトップへ


posted by kataduke at 20:38 | Comment(0) | 片づけの習慣のすごいパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。