2011年05月05日

片付けの習慣で準備を整えチャンスを広げる

片付けを習慣にしていると、仕事や恋愛など様々なことのチャンスに
めぐり合う可能性が高まります。


例えば、仕事をしていて片付けの習慣をしている人は、
常に机の周りが整理され、次にやることの準備が整っている状態。

取引先や上司からの依頼にもすぐに対応できる準備が整った状態です。

常に準備が整っているから、処理が早くて的確。
だから、信頼が厚くなる。

逆な状態だとどうでしょう、机はいつでも乱雑で指示にも時間ばかりかかる。
依頼したことの対応も遅い。
どんどん信用が落ちてくる。

例えば恋愛で、気に入った人の家がとても汚かったらどんな気持ちでしょう。
相手がどう感じるかで気持ちがさめてしまうことも良くあります。
逆にさりげなくきれいになっていると高感度がますますあがるはず・・・

片付けの習慣で、仕事も生活もあらゆることの準備が整っている状態でいると
どんどんチャンスが広がってくるはずです。


「片づけの習慣」で人生を変えるトップへ





スポンサードリンク


posted by kataduke at 22:09 | Comment(0) | 片づけの習慣のすごいパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

片づけの習慣は仕事の処理能力も高める

成功している人、仕事が出来る人は片づけ上手が多いようです。

片づけの基本動作と仕事の処理の仕方は同じ。

片づけの基本動作は、
「出す→分ける→減らす→しまう」

仕事は、なすべきことに対し、
優先順位をつけ、何をどうするか判断し、
決断し、対処していくこと。

片づけは、常に対象を分けて、
優先順位をつけて判断し、処理すること。

片づけの基本動作を身につけ、片づけを習慣化することで
仕事も上手くいき、成功に近づくようです。


「片づけの習慣」で人生を変えるトップへ





スポンサードリンク


posted by kataduke at 21:31 | Comment(0) | 片づけの習慣のすごいパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

片づけの習慣で自分の大切なものが見えてくる

片づけをしていくと、
「何を残して、何を捨てるか」「何が必要で何が必要でないか」
の線引きが必要になります。


普通の人はこの線引きがうまく出来ず壁に突き当たるようです。

つまり、
「必要なもの」「大切なもの」「やりたいこと」
などの自分の取捨選択する基準がないということ。

基準がないというより、自分にとっての大切なものの基準を
はっきりさせていなかったといったほうが良いかもしれません。

片づけ習慣を続けていくと、自分にとっての大切なことが
はっきりしてくるので、本当にやりたかったこと、必要なテーマが
見えてくるようです。


「片づけの習慣」で人生を変えるトップへ





スポンサードリンク


posted by kataduke at 20:38 | Comment(0) | 片づけの習慣のすごいパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。